どうどうめぐり

語彙力はありませんが、言いたいことだけは無駄にあります。

ジャニオタとしての2016年を振り返る

2016年も残すところあとわずかとなってしまいました。
FNS第二夜や、紅白歌合戦、カウコンとジャニオタとしてはまだまだ騒げることがいっぱいありますが、もういいかな!(私の)現場おさめは終わったし!あとは家でぬくぬくしながらアイドルたちを応援する予定です。
注意:掛け持ちジャニオタなのでグループについての話がごちゃ混ぜだよ!読みづらいことこの上ないよ!




1月
・現場始めがタッキー&翼のユニ活だったぜ!やったね!ということで、4日は横浜アリーナで滝翼を堪能しました。真後ろをタキツバが乗ったトロッコが通過したのが未だに現実だとは思えてない。今までで一番近かった。ペンデュラム・ラヴ最高にかっこよかった…。ガンガンユニットで踊る、っていうのがちょっと新鮮でした。Jr.がついたジャニーズのコンサートをちゃんと見るのはこれが初めてだったので「うわーーーーージャニーズっぽい!!」と感動した。ちびっこのジュニアがいると尚更によく見るやつだ!!感



2月
・ONE MAN STANDING。坂本さん初のワンマンミュージカルコンサート行ってきました。坂本さんの歌声がずっと聞けて幸せ空間だった。この時は本当に坂本昌行さんに恋してた感じがする。かっこいいとか、素敵!とかそんな言葉で表せなかった。「坂本昌行」さんなときもあったけど、各楽曲の役になっていた(ように感じた)からなのかな?と思う。



4月
・滝沢歌舞伎2016。初めての滝ソロ現場。滝沢さんってこんなことしてたんだ…って今さら感満載ですが、この人凄いな、と。何年ファンやってたんだって話なんですが(笑)。Maybeの健くんめっちゃやばかった…。さっきまで滝沢ワールドだったのに、Maybeになった瞬間、三宅健が全面に出ていて、これがジャニーズか……!となった。あと雪女のくだりが怖すぎでした。林くんすごい。このときはJr.の方たちを認識してなかったので、今となってはちょっと悔しい。


・ジャニーズ野球大会。担当様がどっちも出演予定だったので応募してチケット手に入れた。のにまさかの岸優太くんに心を奪われる。アイドル好きになるの早すぎ!と自分にツッコミせざるを得なかった。坂本さんも今井さんもどちらかといえばベテラン組で、後輩思いなところが見れた。坂本さんの「みんな俺の彼女ーーー!!!!」に対して「おおよそむすめでは」みたいなのにはちょっと笑った、ごめん。今井さんのおしりは最高にプリプリしてた。



5月
・滝翼新春魂DVD&Blu-ray発売。早くない?ここのスパンめっちゃ早くない?半年は待つ気でいた。参戦した日がディスク化されてたので丸々おんなじので嬉しかった。またあの空間に戻れる…!と思って何回もテレビの前でペンラ振り回しながら見た。


・ヒメアノ~ル公開。ジャニーズが出る映画を映画館で初めて見た。途中からどっちの森田くんなのか分からなくなって、剛くんが怖くなるのではないか、みたいな感じがした。それくらい森田くんが剛くんに憑依していたというか。タイトルが出るところがとっても良かった!!タイトルであんなに鳥肌がたったのの初めてだった。私のなかの邦画のイメージを変えた作品でした。



6月
・鼠小僧2期終了。毎週供給があることのありがたさよ・・・。と思っていたら、次クールも滝様主演でドラマがあるということだったので、やったー!ユニ主題歌くるかな?とか思ってた(こなかった)。


・V6シングル『Beautiful World』発売。本当に世界は美しいぜこのやろーーーー!!!!この曲はなんか、ほほえましいというか、思わず笑顔になってしまう。幸せな曲ですね。ラブセンCM事件もこのあたり?(大阪で初公開したけど混雑しすぎて中止になったやつ)V6凄いんだな、って今さらながらに思った出来事でした。



7月
はてなブログを始める。アイナナとジャニーズを軽率に結びつける記事を書こうと思って始めたのに全然その記事書いてない(笑)。


・せいせいするほど、愛してる。流行りの不倫モノ!!滝様が既婚者役!!!と湧きながら見てたんですが、エアギターに全部持ってかれた。何をしていても副社長=エアギターと思ってしまってちゃんと本編見てなかった(笑)。


・雑誌「Dance Square」にて、今井翼連載『&T』始まる。「こんな躍動感ある写真ありかよ~~~~~(嬉)」と泣いた思い出が。今井さんの一人語りな連載なのではなく、ゲストを迎えての対談形式なのでその相手によって変わる今井さんがとてもよいなあと思ってます。



(8月は思うところあってジャニーズ断ちしてた。SNSも断っていたからのちに困る。)



9月
あさイチに出演した健くんを見逃す。後々にHDDを確認したらパラリンピックの番組も録画できてなかった。SNSにどれだけ頼ってきたのかを痛感した。これからはメールをちゃんと確認しよう、と心に決めた月。


・『忠臣蔵の恋~四十八人目の忠臣』始まる。今井さんのドラマ出演でわきに湧きまくった。映像での今井さんは久しぶりだったので、なんか感動した。ドラマで演技する今井さんも『ナイフの行方』以来?だったので、そのときとは違った貫禄のようなものを感じました。



10月
・『十月花形歌舞伎 GOEMON』ツ、ツバメンコ~~~~~~~!!!!!!!歌舞伎楽しいな、と思うきっかけをくれた作品でした。観劇オタクになりたい気持ちが湧きまくりましたね…。再演あったらまた見たいな~。これ以外の歌舞伎作品も縁があったら見たいな!というのが今後の目標。


・恋愛ソーシャルゲーム『ラブセン~V6とヒミツの恋~』配信終了。2013年にリリースされて以来、数多くのV6ファンがV6と恋愛したのかと思うと別れがつらすぎる。。。個人としてはラブセンで初めてソーシャルゲームに課金することを覚えたのでもっと貢ぎ倒せばよかったのかな、ってちょっと思ってる。楽しかったよ!ラブセン!あなたのことは忘れない!!!



11月
・V6 Next Generation公開録音参加。現場おさめ~~~~!!!!前回の記事で散々レポしたのでここではさら~っと。まさか行けるとは思ってなくて、当ててくれた友人には感謝の念しかない。楽しかったです。


長野博さん、結婚。おめでとう長野くん!!!!!郵便受けを確認したときは何が起きたのかとパニックでした。長野博さんという人が幸せになってくれたことがとても嬉しくて。その日のベスアはリアタイ録画して、ちょっとでもお祝いできれば!と思ってました。本当におめでとうございます。



12月
・滝翼カウコン!!!!おめでとう!!!!約一年ぶりのユニ活楽しみ!!!
出演決定を知った時の安藤さんたちが本当に幸せそうで、嬉しくて。滝翼ももちろん好きだけど、安藤さんのことも好きなので(ファンのファン)、「よ、よかったね~~~~~~~(泣)」って感じでした(´;ω;`)本当によかったよ、嬉しい(´;ω;`)
もちろんV6の出演も嬉しくて!去年はVTR出演でちょっと寂しかったので、東京ドームに滝翼とV6が揃うのね~~~~!!!ととても楽しみ。


・そしてV6紅白3回目の出場!!!!おめでとうございます!!!!正直、今年はもうないのかな?なんて思ってしまっていたんですが、今年も!紅白歌合戦で!V6を見れる!!!嬉しい!!!!



特に期間ないけど印象に残っていること
・ジャニーズJr.の名前を覚える。
岸優太くんを筆頭に、今年からジャニーズJr.の名前とグループ名を覚えるようになりました。それまでは若い子アイドル達に興味がわかなくて、滝翼のバックや舞台で一緒だったJr.に対しても「へー」くらいの認識しかなくて。それがなんということか……、、、毎週少年倶楽部を見ている私がいる、、、、一度ハマればもうどんどん覚えてしまう。名前と顔とグループが一致するようになったので、今度は個人のエピソードとかも知れたらな~~と思っています。

・岸優太くんにハマる
上と若干かぶるんですが。私にとっては大事件でした。まさかJr.に熱をあげるとは!みたいな感じで(笑)お陰さまで最近では本屋でドル誌をチェックしてます。岸くんとてもよいぞ~~~~!!!!V6ファンとしては今年のクリエでGUILTYをソロでやっていたというのを聞き「もうこれは推すしかないじゃん(ぎるてぃー大好き芸人)」って感じでした。見たい~~~~岸くんのぎるてぃー見たい~~~~~来年の現場は何が何でも行く気満々。早く来年がこい。


今年はとてもジャニーズオタクできた年だなと思います。グループの現場に行ったり、個人の現場に行ったり。ドラマを毎週録画したり、雑誌連載のために定期的に本屋に通ったり。時間に余裕ができる大学生ってこわい。来年からはお金もないし時間もない新卒社会人(つらい)になるのでそうもいかない。から今年、自分のペースで充実したオタクができてよかった!!!!!ほんと!!!!今年ありがとう!!!!!楽しかったよ!!!!!


ということで、残りのFNS第二夜、紅白歌合戦ジャニーズカウントダウンコンサートを茶の間で盛り上げる!!!!

とりあえずは年末の雑誌ラッシュについていかなくては!

V6 Next Generation in 福島 レポ

 

ということで(?)行ってきましたネクジェネ公開録音!!!!!!

先日、公開録音のオンエアがありましたので、レポとか感想とかをつらつら書きたいなと思います。と言っても、メモをしていたわけではなく、記憶のみが頼りです(笑)なので順番がとっちらかっていたり、あやふやな部分が多々あります。

また、座った席がうしろだったため、メンバーの様子をちゃんとは見れていないです。他のブログとかTwitterの方が正確かも(投げやり) 

 

まずはメンバーの服装から。

坂本くん→デニムジャケット、中は白のTシャツ(?)

長野くん→茶系統のボーダー

井ノ原くん→黒の革ジャケット、白のTシャツ、黒のハット

 上半身しか見えなかったのでこんな感じかな~と。

 

・(ハナヒラケ中)坂本くん、会場が暑かったらしく、ハンカチで汗を拭き「みんな暑くない?空調下がるのかな?」と施設の方に確認。その後もちろっとハンカチで汗拭いてた。 そして長野くん「福島11月なのに暖かいもんね~いつもなら雪積もってるのにね~」に対して会場積もらないよ!!!!と(笑)井ノ原くんが「(ファンが)初めて聞く曲だから黙ってようと思ってたのに何喋ってんだよぉ~」と(笑)結局温度調節をしていただいていたようです。

 

・会場とのジングル録りで練習一回のみ。井ノ原くんと長野くん「そんなに練習してもね!サクラだと思われるからね!」と。「ふ~く~し~ま~」の方が合わせやすいから、と伸び伸び発音。ですがジングルはばっさりカットされてましたね(笑)

 

・放送にもありましたが、不惑をアコースティックバージョン。井ノ原くんが弾き語りしていて、ギターは井ノ原くんが持参。会場が拍手すると「ギター持ってきただけで拍手されちゃうのぉ?!じゃあいっぱい持ってっちゃうよ!」と井ノ原くん。「意味ないときにも持っていったりね」と坂本くん。

 

 

・ これもまたばっさりカットだったのですが、いいとも!的、ぴったり6人当てましょうゲーム。会場のぴったり6人に当てはまるお題をお三方が出す、というゲームでした。

まずは井ノ原くん。「今日の朝、卵を3つ以上食べてきた人?」

次に長野くん。「今朝、誰かと(殴りあいの)喧嘩をした人?」

最後に坂本くん。「今、口内炎の人?」

3人ともピタリにはなっていませんでした。坂本くんは自身が口内炎だったみたいで、レモンが痛いらしい(笑) 

 

・By your side中

SKD後の坂本くんに対して「ちょっと痩せた?」と聞く井ノ原くん。それに対し「ちょっと老けたかも」と答える坂本くん(笑)ここでもハンカチで顔を拭いていらしてたので大丈夫かなーと思ってました。

 

・カラオケの話

いつこの話題になったのかは忘れた。カラオケにいくといつも自分達の歌を歌わされるというお話。覚えてないから事前に言ってよ!練習しとくから!とお三方。

 

 オンエア最後に長野くんの棒読み(?)で芸能生活30周年に関することを言ってましたが、その企画として「長野博クイズ」なるものが。

一旦捌けていた坂本くん・井ノ原くんは正面に「I ❤博」そしてバックに「愛されて30年」とプリントされたシャツを着て登場。

 

クイズは、過去の雑誌インタビューをもとに用意したとのこと。

トニセン3人が参加して、賞品はファミコンミニ。この賞品は元々長野くんへの誕生日プレゼントとしてネクジェネスタッフが考えたプレゼントだったけど、なかなか手に入らなくていっそのことここで出しちゃおうとなったらしい。ちなみにこの時点でも買えなかったようで現物はなし。

ウォーミングアップとして、小学校の修学旅行での写真の中から長野くんを探す問題が。一緒に写ってる同級生の名前も覚えてた長野くん。「みんな言える~!」が可愛い。

 

第一問目はデビュー1年目での雑誌より。

Q.「カラオケは週一で行ってる。カラオケでよく歌うのはキャシャーン。けど、カッコつけたいときに歌うのはB'zの○○かな。」

これに対して井ノ原くんが「俺この頃よく長野くんとカラオケ行ってたからわかる!」ということで正解は『もう一度、キスしたかった』

長野くんはこの頃出たB'zのアルバム(?)がお気に入りなようで、今でも持っているらしい。

司会のアナウンサーさんに「カッコつけたいときってどんな時だったんですか?」と聞かれ長野くん「もう(その頃の)記憶ない!」

 

第二問目もデビュー一年目か二年目?の雑誌より。剛くんとの合同のインタビューで、女性との理想の出会いについて。

Q.「停まってる車に、「どうしたんですか?」って言って、車の故障を直してあげる。「名乗るほどの者でもありません」って言って去る。その後○○で再会する。では○○の場所はどこ?」

 

人工の場所?自然の場所?というトニセンの問いに人工の場所!とのヒント。

またまた井ノ原くんが「長野くんロマンチストだからな~~。コンサート会場で長野くんが見つけるの!」とニアピンで正解。正しくはテレビで女の子が長野くんを見て「V6だったんだ!」となり、コンサートに行き、再会。これに対して長野くん「直した時点では顔ばれしてなかったってことね!」これに対し井ノ原くん「まだデビューして間もないしね!」

坂本くんは車関係でガソリンスタンドで再会かと思ってたらしい。

雑誌の内容に対して坂本くんが「V6のゲームみたいじゃん!」と。それな!ほんと長野くんラブセンな!

アナウンサーさんに「このような出会いはありましたか?」と聞かれ「あるわけない!」と長野くん(笑)

 

第三問目

Q.「舞台、東京サンダースでカミセンが楽しみにしているのは俺の○○なんだ。」

 

こちらは3人ともすぐにピーンときたようで。『喫煙シーン』だそうです。

当時の長野くんは煙草の吸い方も消し方も分からなかったようで、坂本くんがモノマネしてた(笑)消し方は六角さんに聞いてたらしい。

 

 

第四問目はまた剛くんとの合同インタビューより。

Q.「森田くんと長野くんの共通点は甘党と○○」

ここで井ノ原くんが「俺未だに剛のことよくわかんないよ~」と。なかなか答えが出ず、時間切れギリギリに長野くんが「人見知り」と答えるも不正解。

正解は『ギャンブラー』

当時は移動のときUNOばっかりやってたとか。学校へ行こう!のロケで移動が多かったからね!とにかくUNOやってた!」

ラスベガスでは剛くん長野くんはカジノをやった後にUNOをやってたらしい。「寝る間も惜しんでギャンブルやってたね!」

6人でUNOやりすぎて独自のルールを作って遊んでた。自分の番が上がると寝てたりしたらしい。

 

この時点で井ノ原くん三点、長野くん坂本くん一点のはずが長野くんプラス1と勘違いされて「俺さっき答えれなかった……」

 

第五問はデビュー10周年のときの雑誌インタビューより。

Q.「女の子に言われたくない言葉は「うざい」と○○」

3人がぽんぽん答えていくも当たらず。

「うざいとくさい!」「うざいと帰れ!」「うざいとしつこい!」「うざいと運転下手!」「うざいと痛い!」とこの後は坂本くんと井ノ原くんの怒涛の回答。長野くん他二人に言われすぎて若干キレ芸(笑)

正解は『うざいと関わりづらい(記憶曖昧につきニュアンス)』

今だったら何?という問いに、「運転とか食べ物とか、好きなものに対して言われると嫌だな~」とのこと。

 

長野博クイズの結果は

坂本くん1点

長野くん1点

井ノ原くん3点

ということで井ノ原くんの優勝!ファミコンミニ貰えるね~という話の流れのなか、井ノ原くん「でも俺昔の普通のファミコン持ってるからな~(長野くん「あのテレビに繋げるやつね」)そそ、配線がめんどくさいやつ。まぁ貰ったらね、三人でやりましょうよ」

ということでトニセンでファミコンミニをやった暁には是非ラジオでその模様を……やったよ~!だけでもいいので知りたい……なにやったのかだけでもいいから……!!!!

 

長野くんの芸能生活30周年企画はこれにて終了で、3人とも客席に手を振りながら捌けていきました。

 

昨年の岩手県、そして今年の福島県と2回連続でネクジェネ公開録音に行けたのは本当に幸運としか言えないな!と思ってます。どっちも私が当てたのではないけど。本当にありがとうが絶えない。

今年は昨年とは違い、先着制ではなかったので、とてもスムーズに入場できた気がします。深夜帯から並んで会場に迷惑かける(多分?)とかがあるのは嫌だなと個人的に思っていたので、ほっとした。

二年連続で公開録音があったこと、連続で東北に来てくれたことはファンとして、東北民としてとても嬉しかったです!本当にありがとうございます!を伝えたい!今年の現場おさめがこの公開録音でよかったな、ととても思います。

 

以上、ネクジェネ福島レポでした!お付き合いくださり、ありがとうございます!

※2016.12.18 追記

ジングルの件、「いいとも的~」が公録分放送の次の週にO.A.されていました。あと見事に順番が違いました。ネタバレになってしまい申し訳ございませんでしたm(_ _)m

岸優太くんに落ちた

ということで、前からいいないいなとは思っていましたが、この度本格的にジャニーズJr.内グループ、Princeに所属する岸優太さんに落ち(応援し)ようと思います。落ちたからといって他の担当様ふたりから降りることはない!!!!それはない!!!好きのキャパシティーはまだ余裕ある!!!けど、デビュー前のジャニーズタレントを好きになったのは初めてなので、今井さん・坂本さんを応援しているときとは少し違った気持ちがあったりなかったり。

 

今井さん・坂本さんについて、はまった経緯や始めはどこが好きだったのか等、覚えていなくて(笑)、なんでちゃんとメモしてなかったんだ!!!!!と思ったことが度たびあったので、岸くんに関してはちゃんと何かに残しておこうと思い、ここに書いている次第です。

ということで以下、私の岸くん歴とかそんな感じのこと。

 

いつ岸くんを認識したのか

2015年末~2016年始あたり。

それまではさtttttttっぱりとジャニーズjr.に興味がなくてですね。片手で数えるくらいしか、個人名は認識してませんでした。

そしてある時。V6の20周年アニバーサリーで怒涛の露出ラッシュだったときに購入した整理済みドル誌を見返しました。購入して即好きなアーティストの部分だけ切り抜いて他は捨てる、というのが常だったんですが、この時は本当にたまたま見ちゃいまして。普段はドル誌は買わないので、「わーみんな若いなー」みたいな感じで見ていたんですけれど。

そこで岸くんを認識しました。

その時はMr.King vs Mr.Princeとして取り上げられていたんですけど、グループ名だけは知っていた状態で。噂のキンプリを「へーこの子たちがキンプリかー」って見てたんですけど。

岸くん。

ごめん正直言うと顔がタイプなので覚えました!!!!!!!!!

いやほんと、ほんと弁解させてくれ(?)。私もびっくりしたんだ。それまで好みの顔とかはなかったんだけど、岸くん見た瞬間「うわ!!!!!!これだ!!!!!私この人すき!!!!!!」みたいな感じの衝撃をうけました。

 

 

ハマったきっかけ

だからといって、すぐにハマったわけではなかったのですが。

というのも、すでに2グループ追っていたのでいっぱいいっぱいでした。なので、衝撃を受けた雑誌も切り抜かずに処分してしまいました(今物凄く後悔してる)。

そんな感じで2016年始を過ごしていたんですが、春に岸くんを生で拝むチャンスに恵まれまして。ジャニーズ野球大会に行ったわけです。今井さんと坂本さんを目的にしてました。坂本さんの最高なキャッチャー姿を目に焼き付けてやる!!!!!とか野球大会はりきってた今井さん激かわいいよ!!!!!とかそんな意気込みで東京ドームに行きました。

試合前の練習、坂本さんのおひげ姿にテンション上がっていた私だったんですが、監督の東山さんから「岸くん!」という声が聴こえまして。「え?岸?雑誌で見た人かな?」みたいな。担当以外の出演者をチェックしていなかったのでプチパニック。そしたら「岸優太です!!!」って岸くんが自己紹介をしていて。うわあああああああ声めtttttっちゃ可愛いじゃーーーーーん!!!!いやもう、想像していたのがかっこいい、ワイルドな感じだったのでこんなに可愛らしい、高い声なのかと。そこからはもう担当がいるにも関わらず岸くんが気になって仕方なくて。他の掛け持ちしているオタクはこんな状況になったらどうやって見るんだろう、と本気で悩みました。てことで野球大会の自己紹介落ちです(?)

 

野球大会後には、それまであまり触れずにいた『ザ・少年倶楽部』をリアタイ+毎週録画することを決意し、視聴しました。いやほんと岸くん沼すぎる。パフォーマンスだと割とオラオラした感じなのに喋るとどちゃくそ天然で溢れてる。は?可愛すぎでは?(キレ芸)

ということで現在に至ります。現場は野球大会のみ。だけど機会があったら色々行きたい~~~~岸くんの踊りを生で見たいです。ド新規なのでこれからもっと色々知りたい見たい行きたいのたいでいっぱい。新鮮な感じがします。

 

大人アイドルと同年代アイドルを応援する違い

ここでいう大人アイドルは以前から担当のおふたりです。今井さんも坂本さんも年上です。敬称からわかる通り、ふたりにはどうしても「さん」付けしたくなる。コンサートとかの現場で名前を呼ぶとき、「つばさーーーーー!!!!」とか「まーくーーーーーん!!!!」っていうのが恐れ多すぎて未だに呼べない。しかも、好きになったときにはふたりともすでにデビューしていたし、何なら進む道みたいなもの(今井さんならフラメンコ・スペイン語。坂本さんならミュージカル)も確立していました。

しかし岸くんはどうだ。年の差1つ、敬称は「くん」。何があれって話がわかる。語弊がありそうだけど、ノリというか、なんというか、話していることが分かる。大人アイドルたちはたまにネタが分からなくて「???」って思うことが多いんですが、岸くんのネタとかノリがちょうどいいんですよね。ああ、この人、私と同じ世代だな、っていうのを感じる。

そして、多分ここが一番の違いなんですけど、成長途中なんだな、ということを感じるんですね、同世代のアイドルって。もちろん、大人アイドルも日々進化しているし、現状に満足していないのは分かる。でも、もうデビューしていたり、後輩を育てる立場であったりと、売り出しの方向性が決まっていたり、背負うものがあったりするのをとても感じていて。そこがJr.の子たちとは違うなって。ダンスだけを見ても、ちょっと危なっかしいというか、素敵だしかっこいいけど何かが違う。批判がしたいわけではなく、そこが若いアイドル、ジャニーズJr.を応援する醍醐味なのかな~~~と思います。(ほぼほぼしったか)

 

結局岸くんのどこが好きなのよ

 ・顔

これについては本当になんか……ごめんて……顔というかビジュアルが好みです。。。ジャニーズらしからぬ、といいますか、他の子たちは前髪長くて重いのに岸くんは剃り入れたり、前髪軽いじゃないですか!!!そこがこう、規格外を行く感じ?がして好きです。でも重い感じのも好き。可愛い。結局顔かもしれない。

 

・声

超可愛い。軽い感じの声、少し高い声、もう全部が可愛い。声落ちしただけある(?)。

声ではないけど、喋り方も好きです。「~ッスね!」とか「しゃっす!」、もう軽い!軽いぞ!でもそこがいい!ぜひそのままでいてほしい!

若干オラって煽ってくるのに歌声はキャラメルボイスでずっと聞いていられるよ~~~って感じです。ただ、For The Gloryで少しかすれた声なんかも出しているので、そういった路線も聞いてみたい。

 

ダンス(パフォーマンス)

 カメラに向けて手をこいこいって煽りをやるんですよね、岸くんって。あれが彼の中で何を意味するのかは分からないけど、あれをされると言葉にならない叫びが出る。ほんとありがとう。どれだけ気分が落ち込んでいても、こいこいを見るだけで元気になります。ありがとう。

それと、ダンスでの体幹。細いっていうのは分かってはいるんだけど、他のメンバー二人に比べて(別にじぐいわがそうじゃないって話ではなく)胴がしっかりしていて、一本筋が通った踊り方をする人なんだな、というのを感じます。それでいて、がむしゃらな感じがしています。なんというか、こなれ感を出さないんだな、と。茶の間ファンなので、少クラでのパフォーマンスしか見ていないですが、少クラでのパフォって舞台でやっているものが多い(のだと思う)のに、ちょっと息を抜いた慣れてます感を出さないので、一生懸命な人なんだろうなというのを思います。

 

・丁寧なところ

ダンスも丁寧なんですけど、礼儀とか、トークも丁寧なのを感じます。

喋り方が少し軽めな印象だったんですが、そこに反して丁寧な部分もあって。トークの流れを汲んで、落とすところは落とす。キャラ的にいじられることが多いのもあるのかもしれませんが(それとMCが促してる)、じぐいわのザ・アイドルなトークの後に岸くんがちゃんとオチをつける。適当に見えてしっかりしているな、っていうのが年長感があって好きです。

 

 

まだまだ新規なので全然分からないところも多いですが、岸優太っていうアイドルはすごい。ジャニーズJr.ってすごい。そして岸くんのパフォーマンスを見たい。とにかくこれがすっごく思うことです。でも自担グループとは接点全然ない。悲しい。ので既存に頼るのではなく、新しい現場も切り開かなきゃいけないんですね。。。。ジャニーズってこわい。。。これからもどんどんジャニーズアイドルたちに愛(というなのお金)を注いでいこうと思います。岸くん、、、、岸くんほんとめっちゃかっこよくて可愛いから皆よろしくな、、、(誰目線)

 

ということで岸優太くんに落ちた話でした。ここまでお付き合いくださり、ありがとうございました。

ジャニオタ、フィギュアスケートアニメにハマる。

今話題の本格的フィギュアスケートアニメ、ユーリ‼! on ICE。見事にどはまりしてしまった。元々アニメは好きだったが、最近はジャニオタの比重が重く、2次元から遠ざかりつつあった私だが、この度どっぷり沼にはまりました。

 

このアニメをみようと思ったきっかけはエンディングテーマである、『You Only Live Once / Yuri!!! On Ice feat. W. Hatano』である。

 

You Only Live Once

You Only Live Once

 

 

こちらを歌っている羽多野渉さんは声優でもあり、今作にも登場している。私は羽多野さんのファンであったため、アニメが放送される前になんとなく情報を追っていた。そして決定的なことを知る。こちらの楽曲、作詞が西寺郷太さんなのである。V6のSexy. Honey. Bunny!やミュージック・ライフなど様々な楽曲を手掛け、最近では20周年アニバコンの39 Symphonyの編曲にも携わっていらっしゃったあの、郷太さんである。今年のABC座の脚本を手掛けた、あの郷太さんである*1いつもお世話になってます!!!!!!!ということで、好きなもの同士が繋がりを持つとハマらずにはいられないオタクはアニメ視聴を決意。

ちなみにこんな曲だぜ!


YURI!!! on ICE feat. w.hatano / 『You Only Live Once』ミュージックビデオ ショートサイズ

 

 

 

そして、リアタイ視聴した1話。

まじやばい、まずオープニングからやばい。

ディーン・フジオカさんの歌声に合わせてスケーティングする3人の男たちの美しさたるや。破壊力抜群。1発KO。こんな世界があったのか。 

OPによって、どハマり必須兼深夜にHPがほぼ削られたオタク(私)、お話を見てさらにパンチを受ける。内容に関してはネタバレはしたくないので触れないでおくが、まず絵が綺麗。とても力が入ってるのが分かる。そして、演技、演技の細かさ。正直、「フィギュアスケートをアニメで~~~???あんま期待しないでおこ~~~~~」と思っていたのだが、あのときの私を殴りたい。あんた、なめすぎだぞ!!!そして作り手に失礼だぞ!!!演者の表情や演技の細かいところまで見える。こんなに細かいのを、本当に描いてるんですか?!ってくらいに細かい。衣装のスパンコールが照明に反射してキラキラしているところや、実際のTV中継のようなカメラワークを見ることが出来る。映像美に関しては、WOWOWで放送されたV6アニバコンくらい映像の美しさにこってる!!!!こんなアニメ初めてみるんだけど!!

ほぼしかばねの状態で迎えたEDでまたしても体力が削られた。登場するフィギュアスケート選手たちのInstagramSNSを見ることができるのだ。何だこの2次元????おかしいじゃん?可愛すぎじゃん?各国選手好きになるじゃん?もうとにかく可愛い。可愛いを詰め込みました、なエンディング映像である。もちろん楽曲も素敵。聞いてると自然と笑顔になり、爽やかな印象を受ける。 

深夜にこのアニメみるの正直しんどい。素敵すぎて次の日まともに生きれる気がしない(褒めてる)。そんな感じで最近は日々を過ごしている。

 ちなみに映像はこんな感じ。


TVアニメ「ユーリ!!! on ICE」PV

 

 

また、出てくるキャラクターたちが魅力的だ。一人ひとり語りたいところだが、なにぶん人数が多いのと、ネタバレが怖いので今回は一人だけ紹介する。

タイ代表、ピチット・チュラノン選手(20)。黒髪に色黒の肌、そして幼い顔つきでニコニコしてる。しかし、演技になると表情を変える選手。何を隠そう私の推しです。主人公・勝生勇利の元リンクメイトで、同じリンクで共に成長してきた。この時代については作中であまり言及されていないのでわからないが、とても親しかったようである。

さて、彼の何が魅力かというと、主人公を食うくらいの主人公性を秘めているところである。彼はタイで初めて、東南アジアで初めてを背負った男子フィギュアスケート選手なのである*2。もうこれだけで一作品できちゃうんじゃないかというくらい彼の置かれた『初』の状況が強烈。もうこれジャニオタが好きそうな設定じゃん??大きなものを背負った自担を応援したくなるのはオタクとして仕方ないじゃん??*3また、SNS狂であるところも魅力的。何がなんでもSNSに写真をあげたい、といった描写がある。怒涛のブログ更新をした滝沢秀明かよ、と思ったのも仕方ないと思ってる。どこまでもジャニに繋げたいジャニオタ脳である。

 

 また、私自身フィギュアにわかなのであまり信憑性はないが、現実の、フィギュアスケートが好きな人にとってもこの作品は楽しめるのではないだろうか。前述したピチットくんの状況を見てピン!ときた人もいるかもしれないが、ソチ五輪で唯一のフィリピン代表であった、マルティネス選手と似たところがある(と私は思っている)のだ。その他のキャラクターもモデルとした選手がいるとかいないとかで最近のTwitterは盛り上がっている。そういった楽しみがあるのも、このアニメの魅力ではないかと思う。

 

とにもかくにも、文字で見るより映像が一番。この記事を見て少しでも気になる~~~となった方にはまず1話、第1話だけでいいので見てほしい。 

その後は各自にお任せします(合掌)。

 

ということで、ジャニオタがフィギュアスケートアニメ『ユーリ!!! on ICE』にハマった話でした。

*1:大事なことなので三度太字にした

*2:7話をみるかぎり。

*3:っていうかもう各選手みんな主人公じゃん?ジャニタレみんな主人公じゃん?

GOEMONみてきたよって話

先日、十月花形歌舞伎GOEMONを観劇してきました。まず、今井翼という表現者の多様な魅力を観ることができました。今井さん最高でした!!!それから本格的な歌舞伎って敷居高そう、、、って思ってたけど!確かに敷居は高いかもだけれど!!歌舞伎素人(もはや観劇素人)でもめちゃくちゃ楽しめました!!!!初心者に優しい舞台作りなのかな?と勝手に思っております。

 

 今井さんを応援し始めて約7年、実は初めての舞台鑑賞だったのですが(自分でも初かよ?!ってびっくりした)、舞台に立ってる今井さんのオーラとか存在感とかその他もろもろすごいですね。圧倒されてしまいました。妻と子を思う表情、友を思う表情、悲しみに明け暮れたり、束の間の喜びに光を感じたり、今井さんの表現一つ一つが丁寧で、その姿だけで自分の感情が同化していくような感じがしました。

 

今井さんの全部が良かった!!と思ってしまう系ファンなのですが、特にフラメンコが最高でした。カンテは感情の爆発が見えたし、バイレは今井翼の根源を見た気がします。いつものアイドル・今井翼のときとは歌いかたが違っていて、表現の引き出し多くないか?!とびっくりしました。どんな歌い方なのか、を言葉で表現するのは難しいのですが、きっと「泣きがある」って感じです。バイレはなー笑顔で踊ってるのがめちゃくちゃ可愛いんだわー!!笑顔で踊っているカルデロンには幸せしかない!って感じがしました。それにあの軸のブレなさ!フラメンコ以外のダンスでも今井さんって軸がしっかりした踊り方してるな、って思っていたのですが、いざツバメンコを見るとこんなにしっかりしてるのか!!!と感嘆しました。個人的には今の体格の方がカンテもバイレもいいな、と思いました。細こい今井さんも素敵だけど、今の今井さんは、しっかりとした自分を持ってる今井さんそのものを体で表している感じがして好きです。

 

正直、歌舞伎って難しそうで、自分には理解できないんだろうなあと思っていたのですが、全然そんなことなくて!とても分かりやすかったです。今までは遠いと思っていた世界でしたが、今回GOEMONを観に行ってぐっと近い存在になった気がします。伝統作品のオマージュが随所にあったみたいなので、そっちもみたいなあ、勉強したいなあと歌舞伎の世界への扉が開いた感じです。それにしても歌舞伎の女形って美しいですね!!女よりも女というか、そもそも女って何だっけ?というか、「性」という概念吹っ飛びました。とにかく美しいです。中村壱太郎さんの首の傾げ方(?)が本当に艶があって!!語彙力皆無+ド素人なのでやんや言えないですが、歌舞伎って素敵な世界でした。勉強したいものが増えてしまった(笑)

 

 

次行く予定ないけどまた見たいー!!!!一回しか見れない!と思って観劇したので緊張しすぎて所々記憶ない(笑)筋書き見ながら思い出しつつの感想でしたが、お付き合いくださりありがとうございます。一緒に観劇した友人(翼ファンではない)が「今井翼っていろんな表現ができる人なんだねー」と言っていたのがベストオブ最高(??)な感想でした。

 

もう見た!って人もこれから!って人もまた見る!って人もどんな人も楽しめそう。それくらいいろんなものが詰まった作品でした!まだまだ続く舞台なので大変だとは思いますが、出演者並びに関係者の皆様が過ごされるよう切に願っております。

 

あー好き!超楽しかった!素敵な時間をありがとうございます!

#V6シングル46曲ソート の結果とか色々

ちまたで話題のシングルソートやってみました
ソート作成ツールこちら。(リンクフリーとのことだったので貼り付けてます)



f:id:alav6:20160930033205j:plain



f:id:alav6:20160930033211j:plain



f:id:alav6:20160930033214j:plain



f:id:alav6:20160930033216j:plain


最近の曲が多めかな……?
それぞれの曲について思い出やら好きなところやら、つらつら書いていきたいと思いますのでよければお付き合いくださいませ!


第一位 TAKE ME HIGHER
ティガが一位だよおかあさん!!!!!
イントロのダンスが最高に好きです。あとサビの足をぶんぶんするフリも大好物。

ていくみーとの出会いはもちろんティガ。兄がティガにはまっていたので当時赤子だった私はよくわからず見てたらしいです。
未だにDXスパークレンスが我が家にある。けど電池を外してないので液漏れの可能性大。

テレビでパフォーマンスするときの「Wanna take you baby, take me take me higher」も好みです。メンバーのみにライト当たってる中でこのフレーズを歌ってるのが格好良すぎ。
サビの「~higher!」の飛び出る感じといいますか、上がる感じがたまらんです。それと共にテンションもぶち上がります。



第二位 GUILTY
ピアノから入って剛くんの英語が入るの流れがかっこいい。

これはなんといってもダンスとフォーメーションですね。どの部分が、っていわれたら全部!っていうくらい一貫して好き。
まずPVのスーツで踊るV6。足の長さが際立つ衣装をどうもありがとうございます、大好物です。
コインをあげたり、キャッチするフリや、ピアノを弾くフリなど楽曲で使用されてる音に合わせて振付されているのが最高。
あとは二番サビの「抱きしめて」で自分の体に腕を回し、「次の約束より」で時計の針のような動きを腕でして、「だれが決めた出会いの順番」で人差し指を立てて距離を置き、これって歌われてるふたりの距離かな?みたいな、歌詞とリンクしたフリも最高。

ダンス以外でいうと、コインの音→ピアノ伴奏→剛くん英語→健くん→岡田くん、でまずカミセンが先に歌い、
井ノ原くん→坂本・長野くんが井ノ原くんに合わせてハモる、というトニセンの合わせ技がきてからの
サビのユニゾン。 生きててよかったと思えるこの流れ。 全世界にありがとう。



この曲に関しては語り始めればきりがないのでここでやめにしますが、結局何が言いたいかっていうと最高です。



第三位 Sky's The Limit
ほっとけないマモルくんだよ~~~^

ほっとけないで初めてこの曲を聞いたときは「なんかやばいものがきたぞ!!」とテンションが上がったことを覚えています。案の定やばかった。ダンスが最高だった。

スカリミの衣装爽やかでとても好きです。
あとは、「Don't stop~」の坂本くんソロのぽーんと上にいく歌い方が好きです。かるーい感じ。

この曲はとにかく明るくなりたいときによく聞きます。笑顔になりたいときとか。よくバイト前に聞いてました(接客だったので)。
心が折れそうになったときにも聞いてます。「不甲斐ない日々の失敗なんて関係ないよ」っていうのがとても心にくる。「忘れないで、描いた夢」っていうのもじーんとくる。日々失敗続きなのでこの曲には助けられてます(笑)



第四位 蝶
これもまたダンスが好き。
今のビジュで踊ってるところも見たかった・・・アニバコン・・・でも蝶の音楽でGENERATION GAP歌ってるのが可愛いのでおーるおっけー。

始めの頃はあんまり好きすき!っていう感じではなかったのですが、聞けば聞くほど、見れば見るほどその魅力に吸い込まれてしまった楽曲です。これ聞くと大人なアイドルっていいな~って思います。
歌い始めが歌うまコンビっていうのもまたいいですね。「あ~~~くるぞくるぞ~~~」と構えができます(?)



第五位 HONEY BEAT
学ランV6かっこかわいい。

これはやっぱりPVの衣装ですよね……剛くん発案という、応援団衣装。トップスが学ランで下がジーンズ。かっこよすぎ。
リリース当時はVファンではありませんでしたが、朝の情報番組でPV見たのは強烈に覚えてます。朝からなんかめちゃくちゃ可愛いのやってる!!と思った記憶が。

フリも誰でも真似できるようなキャッチーな感じで、コンサートでの一体感がたまらない。
これも元気になりたいとき、明るくなりたいときによく聞きます。
あとは各受験のときにずっと聞いてました。いま思い返すと、受験のときは絶対V6を聞いてるなあ。今の私があるのはV6のおかげかもしれない。



第六位 ありがとうのうた
PVの岡田くんのビジュがとっても好み。

この曲はバラードではないけど、アップテンポでもなく、落ち着いた気持ちで聞けるので寝る前に聞きたくなります。
メンバーそれぞれの声質が分かりやすく、歌詞も幸せなので聞いててほっこりします。幸せな気持ちになりたいときにオススメしたい一曲。
PVも幸せになるんだよなー!!とってもふわふわしてる!地に足の着いたふわふわ(?)



第七位 グッデイ!!
出だしの井ノ原くんの声が最高。

この曲はPVのせいか出だしのせいか、それとも9係のおかげか、井ノ原くんのイメージが強いです(笑)
PV見てると思わず笑顔になっちゃう。(にやけているともいう)出てる人みんな笑顔なんだもんよー。そりゃ笑顔になっちゃうじゃんねー。
個人的ツボはサビの「~このまま」と「星に願いを~」の間にあるダンスです。肩を左右ずらして上下させてるところ。勝手に「ウィキウィキ」って呼んでる。V6と一緒にウィキウィキしたくなる。



第八位 UTAO-UTAO
タイドラ!エンディングでみんなが歌ってるの可愛いな~と思っていた思い出。あとチビTが強烈すぎて浦島太郎を見るとチビTだ!と思ってしまう(笑)

これも『ありがとうのうた』『グッデイ!!』と同じで幸せな気持ちになれる歌。
PVの、学校の廊下で肩組んで歌ってるV6可愛すぎ。原っぱでパイ投げしてる小学生たち可愛すぎ。
時の流れって残酷な時もあるけど幸せだと思える瞬間もあって、それがこれなのかな?とPVを見ると思う。幸せになりて~(魂の叫び)



第九位 バリバリBUDDY!
エクササイズソング。こんなに動く振付をオーバー30歳のアイドルがやるのかよ……!!と衝撃を受けました

ダイエットの景気づけに聞きたく(踊りたく)なりますねぇ…
がむしゃらにテンションぶち上げたいときに聞いてます。バイト前とか。面接前とか。苦手な人と話をする前とか。
振付が覚えやすいし踊りたくなる。聞いてると無意識に体が動いてる(笑)V6には酷なのかもしれないけどこれからもどんどんコンサートで踊ってほしいです(笑)



第十位 Beautiful World
最新曲がトップ10入りしたのがとてもびっくりだー!

Mステのパフォーマンスが一番好き!真っ白いところにふわっとメンカラが映る、っていうのがなんともいえない。
実はこの曲のPVまだ見てなくて。色々落ち着いたら初回A盤買おうと思ってた。
この曲も幸せが溢れてて聞くと落ち着けます。歌声も優しく聞こえる。爽やかなV6が全面的に出てて好きです。ギターの感じも好き!



10位まで書いてみました。
全体的に元気になれる、とか幸せな気持ちになれる、っていう曲が多いですね、V6シングルって。今まではあまり気にせずに聞いてましたが、そういうことに気が付けたのでソートやってみてよかったなーと。
そのときの気分でも結果が変わりそうなので、いろんなときにやってみたい。


長々とお付き合いくださりありがとうございました!

バトンが流行ってるらしいのでやってみた

タイトル通り。
しかしバトンて!ブログでバトンなんて久しぶりに見た!懐かしい!
そんな気持ちで、最近ジャニオタ圏内でよく見かける自己紹介バトンやります。





じゃにーずおたく自己紹介ばとん

【名前】

りょーか

【今の担当は?(複数可)(推しでもどうぞ!)】

タッキー&翼 今井翼
永遠の自担。ぽっと行ったソロコンで見事に撃ち抜かれて以来ファン。ダンス、とにかくダンスが最高。あとジュニアの頃から歌が安定してて聞きやすいのがすごいなと思う。あと翼くんのお尻がとてもよい。最近体絞ったみたいだけどどうなったのかな、あの可愛いお尻。

V6 坂本昌行
担歴は2、3年。きっかけというきっかけは思い浮かばないけど、ジャニーズ好きの家族の影響で学校へいこう!とかVVV6とか見てたし音楽番組もよく見てたのでそれの影響かな~??それから大きいのは日本語版の歌唱を担当した「ターザン」。ゆるーいDオタなので彼の歌はずーっと聞いてました。なので健くん風にいうと「潜在意識の中に潜られた」*1とにかく足がなげえ。

【いつからジャニヲタ?(きっかけも是非)】

KAT-TUNのデビュー時の盛り上がりが大きすぎて、そこからジャニーズを知りました。でもオタになったのは永遠の自担(とにかくこれが言いたい)今井翼さんのソロコンに行ってから。


【担当遍歴】

 赤西仁さん→今井翼さん・坂本昌行さん

【好きなシンメorコンビ(への思いも是非)】

 滝翼は絶対外せないよね!!!!!!何が良いって最近の滝沢さんの今井さんへのデレっぷりね!!!!可愛いかよ!!!!デビュー前から同期として、本当に近くて、近すぎた存在なのだろうなーと思います。

 V6では新旧(坂本さんと岡田さん)。しかしなんで新旧っていうんだろう(笑)新は最年少だからわかるけど旧て。でも他にいい呼び名を思いつかないのでそのまま。

【1番心に残ってる現場】

 一つ目は滝翼の二人旅仙台公演。初めてのタッキー&翼コンサートでした。ジャニオタに出戻って、よかったーーーーーー!!と帰りの新幹線で思った覚えがある。
 
 二つ目はV6の20thアニバコン。ラブセンコン。まさか当たるとは思ってなかった。あと席がトロッコが真後ろを通るという場所だったので、「(席良すぎて)この先V6の現場当たらないんじゃね…?」と自分の名義に思ってしまった。

【初めて行った現場】

 今井翼ソロコンサート Dance and Rock。たまたまチケットが手に入ったので行ってみたら見事にやられた。観客みんな振りをやっていたので当時は若干怖かった。前の人を見ながら真似して踊ってました。翼くんのMCでの下ネタがひどくて面白かったのが強烈でした(笑)

【最近行った現場】

 ジャニーズ野球大会。前日に滝沢歌舞伎も観に行ったので二日でユニットコンプリートでした。

【次行く現場】

 十月花形歌舞伎GOEMON。本格的なツバメンコは初めて観に行くので楽しみ。今から石川五右衛門に関する文献あさって基礎知識固めてます。

【記憶に残ってるファンサ】

 ぶいアニバコンでトロッコから井ノ原くんに手を振ってもらったのが唯一のファンサ。私に向けたものじゃないんだろーなーと思いつつ思い出として残してます(笑)

【好きな曲TOP3(理由もあればどうぞ!)】

・BACKBORN 今井翼
 翼くんのソロシングル。ギターの感じがとにかく好み。PVも今井翼のかっこよさがつまってる感じがして好きです。


・D.I.S V6
 OMGコンのDVDで初めて聞いて、「でぃーあいえすしよ~」ってなんだよ!って思ったらそのままディスしよ、って意味らしく衝撃を受けた。


・Running To the Top 20th Century
 え?滝翼のSAMURAIじゃないかって?いやいや違います。トニコンで途中SAMURAIになっちゃって滝翼も出てきちゃって、な曲なので自担が溢れてるよね(大混乱)

【好きな振り付けTOP3(好きポイントも…!)】

・小悪魔ジュリエット タッキー&翼
 屋良くんが振付というあの。この楽曲で同期3人が揃ったのでそこら辺も深い!!!ガシガシ踊る滝翼ユニ曲って珍しい気がするので、そこもいいなーと。


・GUIRTY V6
 セクシーでスタイリッシュでかっこいいV6が堪能できる。この楽曲で大人のアイドルの良さが分かった。ピアノを弾く振りが最高なんですよ~~~~!!!剛健ラップの時に、二人を頂点にしてフォーメーションが変わるところも好きです。


・Swing! V6
 少年倶楽部プレミアムでのパフォーマンスが大好きマンです!!雨に唄えばみたいに傘を使った演出があってたまらない。ぎるてぃーとは違って、可愛いV6が堪能できる。コンサートで踊ってくれないかなあとずっと思ってる。

【自分がJrになれたらバックにつきたい曲(複数可)】

 Can do can go!、Ho!サマー。自担関係ないところにいくと、中島健人くんのCandyは楽しそう

【1番好きなペンライト】

 セクバニコンのパンダペンラ!!!超絶可愛い!V6にはアニマルシリーズのペンラを出してほしい。

【1番好きな衣装】

 V6はハニビの学ラン衣装がかわいくて好き。あとはスーツ。剛くんのパンツの裾が短めで、細い足首が出てる衣装はなんでも好き!最近のはWait For YouのMVでの衣装がいいなあ。

 滝翼は夢物語のあのふわっふわしたのを首に巻いてる衣装。これが滝翼だぜ~~~??って感じがいい!

【よく買う雑誌】

 最近は全然買ってない。買ってもぶいとたきつどっちも載ってるのじゃないと!って感じです。

【この映像は見て欲しい!というオススメ】

 滝翼は、滝翼祭!滝翼の王道の曲で固めつつ、それぞれのソロシングルの曲をふたりで歌ってます。一曲目から夢物語でテンション上げるにはもってこいの映像だと思ってる

 V6は20thアニバコンかな~~~??と思いつつ、OMG!コン大好きマンなのでOMG!コン。楽曲はアルバム中心なので知らないと???って感じかもしれないですが、演出とダンスがとにかく良い!かっこよくて大人で職人なV6、っていうのがよくわかる映像だと思います。

【ジャニヲタになる前の趣味は?】

 アニメやら声優やら。


【最近気になっている子】

 中山優馬さん、Princeの岸優太さん、Travis Japanの宮近海斗さん!
 優馬くんは野球大会での歌を聞いてから、のびのび歌ってる声がいいな~と思ってます。
 岸くんは最近見始めた少クラで、みんな髪の毛長いのに一人だけ短い!!!ってなってから気になってる。
 宮近くんは滝翼の新春魂で初めて見かけて、かっこいいのに可愛いな!!!と思って気になってる。

【最後に一言!】

 ここまで読んでくださってありがとうございます!

ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー

*1:2016年3月21日くらいの健ラヂより