読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

どうどうめぐり

語彙力はありませんが、言いたいことだけは無駄にあります。

【前ブログより】16/2/6夜 One Man Standing 感想など

私の感想も含めて、OMSのレポをしたいと思います。

ネタバレしまくりですのでご注意。



まずはオーチャードホール凄すぎた。
今回みたいなきっかけがなかったら絶対足を踏み入れないであろう会場でした。
ホワイエあるって…シートからして違うし…緊張しました…
こんな子供がこんなところ来ていいのかな、場違いじゃないかな、と友人と話してました(笑)
その分服装だけは大人ぶってワンピースなんてね。着ちゃってね。新調してね。
服を選ぶところから楽しい、そんな感じでした




幕が上がり、今回の公演のロゴがお目見え。
○の中にMSのロゴ。
○はOであり、つまりOne Man Standingであったし、
Masayuki Sakamotoであったし、
Musical Starであったし。
どの意味が込められているのかは分からないですがたくさんの意味があるように思いました。


以下、セトリと感想。細かいところは覚えてないので感想書いてないところもありますが(^^;)


1Not A Boy Next Door(Boy from OZ)
 そういえば私、お恥ずかしながら坂本さんのミュージカルを観劇したことがなくて、
ミュージカル自体も興味はあるけど観に行ったことはない、っていう状況でした。
そんな私でもわかった曲のひとつがこの曲。

一曲目にふさわしい曲だなーと、知識のない頭ですが思いました。


2 You Mustn't Kick It Around(Pal Joey)
私が思ってた、ミュージカル!な曲でした。
なんかTDSのビックバンドビートみたい(知識のなさ)
ミュージカルの世界に引き込まれた感じがしました。


MC
さっきまでミュージカルスタァ!だったのに、たまにまーくんさん出てた。
今までのミュージカル人生を振り返る、ということで、
阿国魔女の宅急便、サウンドオブミュージック、シェルブールの雨傘などをワンフレーズ歌ってらっしゃいました。

阿国の稽古場にはjr.なのに自家用車で言っていたお話、
魔女宅は蜷川さんに「スケベ!」って言われて「トンボなのに?!」となったお話、
SoMはSixteen Going on Seventeenでデビュー当時の森田さんへの思いを歌ってました(笑)


客席に降りて、観客のかたとお話をしていたいのですが、
男性客を見つけて「なんできたの?知り合いでてるの?」って聞いちゃう可愛さ。
お客さんもそれに乗って「知り合いでてます」って返したら、
「ふーん」ってステージに帰るそぶり。
お客さん慌てて違う!違う!のジェスチャーをしたら、
「振り大きいね(笑)井ノ原みたい!好きだわ!」とのこと。

一番のツボは
「かしこまった話し方してきましたけれども。もっとざっくばらんにな?話してな?」
でした。ありがとうございます、なんだかマサな感じでした


3 Hope(Zorro)
4 Foot Loose
5 Hero
女性アンサンブルの方たちの力強い歌声とダンスにくぎ付けでしたよ!!!!!
かっこよすぎて汗をかいていたような気がしなくもない。覚えてない。

6 Almost Paradise
7 Jailhouse Rock
8 Love Me Tender
9 S wonderful
10 Never Gonna Dance
11 My One And Only
12 I won't dance
13 I couldn't write a bool
14 Bewiched
15 Some other time
16 Lucky to be me
17 NEW YORK NEW YORK
18 One Song
19 Seasons of Love
こちらも知ってた曲のひとつ。
アンサンブルの方たちも勢ぞろいでパフォーマンスしていたのですが、
鳥肌が止まらなかったです。
声って重なると、こんなに全身にくるんだな、と思いました

アンコール
Baila Me
おなじみバイバイ
だなんて思う暇なくかっこよかった!!!!
語彙力がないのでかっこいいしか言えないのですが、情熱のようなものを感じました

Honestly Love You
ピアノの弾き語りでした。
手がきれいで見入ってしまいました
それまでは「Love you」と英語だったのに、
途中で「愛してる」、と日本語で歌われていて、
うわああああとなんか恥ずかしくなってしまいました(笑)
英語だと感じないのに、いざ母国語だとストレートにきました(笑)



歌詞が飛んだ、とおっしゃっていた部分が二か所あったのですが、
それくらい歌に力を込めていらしたのかな、と思います。

二曲どちらも、もちろん全曲を全身で歌ってらしたので、
想いが強いんだな、と感じました。




とても楽しい素敵な2時間でした!
というか2時間だった感じがしませんでした!
本当にあっという間で、もう終わりなの?!って感じで。

あの空間に、いつまでもいたくなりました。

曲中だというのに早く拍手をしたくなるくらい素敵で。
拍手も、ずーーーーーっと続けたくて仕方なくて。


贅沢で素敵な空間にいることが出来て、とてもよかったです。


坂本さんが「夢は追わなきゃかなわない」とおっしゃっていたのがとても印象的でした。
私も、へこたれないで、目標に向かわなきゃな、と改めて思いました



素敵な時間をありがとうございました!