読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

どうどうめぐり

語彙力はありませんが、言いたいことだけは無駄にあります。

ラブセンに思うこと

ラブセンが配信終了してしまう。

 
 
この事実がまだ受け入れられないでいる。
 
 
わたしは、ラブセンというゲームによって毎日のようにV6に触れてきた。
日付が変わればログインをし、おみくじを引くし、朝起きたらすぐラブセンのお仕事をしていた。
イベントの始まる16時は必ずアプリを開く、もはや生活の一部ともいえる。
 
V6にはまり始めた二年ほど前から、このルーティーンは確立していた。
 
 
初めてこの存在を知ったときは「え?本気で?ジャニーズがこんなことするの?」なんていう驚きしかなかった。それがゲームを始めるとあら不思議、どんどんハマる。
 
あのときは健くん本編が配信開始するかしないかの頃だったのになあ...気がつけば続編、そして新本編なんてあるよ。すごろくもあるよ。おみくじも更新されたよ。でも未だにトニ吉に出会えてない。
 
 
初めてソシャゲに課金したのもラブセン。
 
どうしても、気持ちを集めようイベントをコンプしたい時があったのだ。
今は最後のイベントのために課金してます。6ルート制覇初めてだよヤッタネ!
 
 
テレビCMは、学校へいこう!内を含め片手で数えるほどしか遭遇しなかった。東北限定で流れてる、なんて噂あったのにな...あれは幻だったのかな...CMのクリック連打が最高に好きです。V6と恋愛したいもんね。それがどれほど突っ込みどころがあってもね。
 
 
この思い出たちを胸に、これからどうやっていくか模索中です。
 
 
 
ゲームが配信されてすぐに始めた人からすれば、もっともっと思い出があるだろう。
一年間限定配信だったこのゲームが、ここまで続いたのは、初期からゲームをやってきたみなさんのお陰です。ありがとう。お陰で坂本くんと恋愛できました。同居もできました。
 
 
20thコンサートで渡されたラブセンみくじのカードはテンション上げるためのお守りです。ありがとう。
 
 
あーーーもーーーラブセンありがとう。
最後の最後まで遊びます。
とりあえずトニセンのイベント楽しみ!