読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

どうどうめぐり

語彙力はありませんが、言いたいことだけは無駄にあります。

戸惑いの惑星を見てきた

V6 コンサート、舞台等 ジャニーズ

TWENTIETH TRIANGLE TOUR『戸惑いの惑星』を東京グローブ座にて観劇しました。

ネタバレ厳禁な雰囲気がTwitter内であったため、できるだけ事前知識なしで観劇。

結果。

厳重に禁止されている理由が分かった。

 

ネタバレをされていても十分戸惑う内容ではあると思いますが、知識なしで見ると一層戸惑いの幅が大きくて、「私は何を見ているのか」と観劇中思ってました。

今も何が起こったのかちっさい脳みそでは処理しきれてなくて感想もごっちゃりですがよければお付き合いください。

 

ということで以下ネタバレ有。注意。

 

 

 

まずいつお芝居が始まったのか分からずぬるっと始まる。「あぁ、トニセンっぽいな~」と思うような小芝居(?)を挟みつつ、トニセンだと思ってみていた三人の男が実は全く違う人物でした、な導入部。ここで出された伏線としては、①坂本と長野の「手紙にはいい思い出がない」、②『どんな時に戸惑う?』という問いに対するそれぞれの答え、でしょうか。 

 ①は観劇に際する案内をお三方がした後、女性が手紙を読むように促し「誰が読むか?」の議論の際に出てきた言葉。

 その手紙に書かれていた問いが②。まず長野が「星に戸惑う」。なんかめちゃくちゃ喋ってて三人の中で一番熱弁をふるってた。どんな内容だったかは覚えてないけど宇宙がどうのこうの、宇宙の外側がどうのこうの。次に坂本が「占いに戸惑う」。「昔よく占ってもらってたじゃん」みたいなやり取りがあったので「坂本くんそんなんしてたの!」と思ってた(この時点では三池であることはわかってなかった)。最後に井ノ原の「無意識に戸惑う」。そして、ディズニーランドにある『クラブ33』の夢の話。後になってこのクラブ33の話が出てくるとは思わなかった。

夢の中で、沢山いるミッキーマウスに「イノッチが一人だとなぜ言い切れる?」と問われ、ひとりしかいないと言い切ったイノッチ。すると長野、坂本が「イノッチは他にもいるよ!」と。坂本(三池)は何でも祈るから祈るっち→イノッチ。長野(由利)は猪突猛進、イノシシ→イノッチ。「じゃあオレは誰なんだよ!」からの「はせっちだよ」の流れは本当に鳥肌が立った。私が今まで見ていたのはトニセンではなく、他の、誰なのか知らない男性3人だったのだと知らされる。全体的に演者のエピソードも盛り込まれているということだったので*1、演者の話だと思って聞いて、勘違いできました。リアリティーありすぎィ!!(テン上げ)

 

そこからのお話の詳しいところはもう全然覚えてない。一回見ただけじゃ覚えれないくらいの情報量と展開のテンポの良さ。細かいところまで考え倒したい人間なのであと4回ぐらいみたい!!じゃないと考察(っぽいこと)できない!!小説や、映画のDVDみたいに気になるところを何回も戻りつつ見たい、そんな感じのお話でした。そして伏線の回収が秀逸すぎる。まさか関係ないと思っていた長谷川の夢の話がここにつながるとは!!など、導入部の何気ないと思っていたやり取りが実はとても重要で。一瞬たりとも気が抜けない。言葉ひとつ一つ、やり取りや一人語りの部分まで見事なまでに伏線が張り巡らされていて、明かされる度戸惑いました。きれいな着地を決めていたのでスッキリしたなーというのもあります。伏線を1個1個考えたい…また見たい…円盤化してくれませんか…(大事なので2回書く)

 

 

メンバーについて個別にうんぬん

・坂本くん、三池について

坂本くんの演じた三池ランジロウに関してはまずあだ名のミケランジェロで笑った。絵を描くことが好きで、高校を卒業してからも絵を頑張ったけど思うようにいかず、似顔絵かきをしている。三池はイラついているところが多くて、でもそれは他人に対してではなく自分に対して、というところがとても人間臭いなーと思いました。多分イラついてる自分にもイラついてるんだろうな。一番大きな声を出す役かな?イラつきを爆発させるところはとても迫力があって、若干こわかったビビリ。

でも恋愛をしているときの三池の表情が本当に、「あぁ、この人本当に幸せなんだな」っていうのが分かって。ひとつひとつの感情が演技からきれいににじみ出ている印象でした。っていうか恋愛モノをやってる坂本くんずるくない??めちゃくちゃ素敵じゃない??こんなん好きになるじゃん!!何回坂本くんに落ちればいいんだよ!!(キレ芸)幸せな時、イラつきを隠せない時、真実を知って感情が動いた時、どの瞬間もそこには三池が生きていた。

 

セカンドバッグを持ったアブナイ人を演じていた坂本くんはとても生き生きしていた気がする(笑)。それはもう楽しそうでした。無理難題を長谷川に出して、戸惑っている長谷川を見て楽しんでる感じがした。

由利の母親は本当におばあちゃんでした。最初に見たときは誰なのかわからなくて、観客のみなさまが笑っていらっしゃったので「え、これ坂本くんか!」となったほど。可愛いおばあちゃんでした。

 

 

・長野くん、由利

子供の頃に目の当たりにした母親のスプーン曲げと、妹からの応援で研究を続ける人(なんの研究なのか言葉がわからない。超常現象?心理?)。長野くんはどんなことに対しても探究者、な印象なので本人に寄り添った役だというのを一番感じました。感情があまり見えないところがあって、主要人物の中で一番気になった人。落ち着いていて冷静に物事を判断していたので、物語の進行の操作役かなーという印象。

 他の2人よりも「大人」な人生を歩んでいて、「夢を持っている」部分では一緒なのにどこか地に足着いた役だなと思いました。もっと感情的な部分を見てみたい役。だけど、感情を見せないところが由利らしさではないかと考えると、「自分が、自分が」みたいながっつく性格ではないのかと。しっかし家族思いだよね。自分が兄弟と仲良くないので「なんでそんなに妹のこと思えるの?????!やばいね!!!」とクソ語彙な感想を持ってました(笑)

 

手紙代筆に依頼してくるマダム役はほんっとーに美しかった…「男」じゃないんすよ、マダムがそこにいたんすよ…仕草がいちいちマダム。疑うところなくマダム。マダムが旦那に隠していた秘密が超絶気になる。マダム…あんた、何を隠してきたんや…

 

 

・井ノ原くん、長谷川

あーーーーーーーっ!!!!はせ!!!がわ!!!くん!!!!!幸せになってくれ!!!!!!!!

というのが最終的な感想ですが、多分この話の主人公。小説家を目指すも上手くいかず、手紙代筆を請け負う仕事を始める。だんだんと、依頼人と自分の区別がつかなくなり、自分を見失い結果記憶があやふやになり入院してしまう。『HANNIBAL』のウィルっぽい。とにかく儚い。いるはずなのに、どこかぼんやりしていて、居なくなってしまうんじゃないかと思わせる演技がすごかった。

小説を一人語りしているときのうきうき長谷川くんがとても可愛い。笑顔が輝いていて、夢や希望に溢れているのがすぐにわかった。「スキップ始めるんじゃないかな?」ってくらいうきうきしてた。からの前述した消えそうな演技というふり幅が大きくて。以前から井ノ原くんの歌声に悲しさを感じていましたが、歌声からは一層、演技からは少し意外な印象で悲しさを表現してたなと感じました。

  

教授役のとき誰なのかわからなかった。声も聞いたことのない出し方をしていたので、「流れ的には井ノ原くんだけど本当に合ってるの?」と。顔を見て「あっ井ノ原くんだ」というのが分かりました。あんな教授の講義めっちゃ受けてみたい…教授ちゃんと板書できるのかな…今時の電子機器をフル活用した講義するのかな…

 

っていうか井ノ原くんめっちゃいい匂いしたんすよ。衣装なのかな?ドアから出てくるときふわってそれはもう爽やかで決めましたな香りがして「?????!!!」ってパニック。舞台に近い席ではあったけどかまるもんなの?柔軟剤の香り?ビビりながらドアが開くの見てたのにいい匂いのおかげで安らぎを得た。

 

 

楽曲についてうんぬん

楽曲の使い方というか、使いどころが本当に素晴らしくて!曲の印象がガラっと変わりました。解釈も、「幸せ~」な感じだと思っていたら今作では悲しくなっていて。特にオレキミなんかはしんどくて仕方ない。daysは今聞き直しても、坂本くんの表情が鮮明に浮かんできて、泣いてしまう。っていうかセットリストを、芝居を見た後に聞くとどの曲も泣けてくる。

Sing!の三池がめっちゃ恋愛しててギュンギュンくるからほんと最高でしたよほんと。もうさ、坂本くんがさ、恋愛しててさ、幸せ満開なときの演技してる表情やばくない?あんなの見たら好きになるよね?こんな表情になるような恋愛したくなるわ!!ってくらいすごいんすよ…(語彙力皆無)

ちぎれた翼はこんなにも物語に即してましたっけ?ってくらい、もうほんとすごいんすよ(語彙力がこい)。以前はなんとなーく、ふーんって歌詞を聞いていたのに、今作見た後だとこの作品のために書かれたんじゃないかってくらい物語とリンクしていて。泣くから。ほんと、泣くからな(?)ほんと、やばい(語彙力きて!!!)。

 

 

終盤の怒涛の種明かしのときは、ぶっ倒れるんじゃないかというほど何かがこうガツンときました。おおよその予想はつけて、合っていたにも関わらずあんなに衝撃だったのは伏線の多さかと思いました。話についていくのと、トニセンお三方がもうめっちゃかっこよかったことで頭がいっぱいいっぱいで細かく見れなかったのが後悔です。かっこいいのはいいことなので頭のキャパの問題。次またTTTで活動するときまでには頭のキャパを大きくしていたい。

 

案の定あっちこっちな感想でまとまりがなくなってしまいましたが、お付き合いくださりありがとうございました!

*1:パンフより