どうどうめぐり

語彙力はありませんが、言いたいことだけは無駄にあります。

音楽劇マリウス をみた

『音楽劇 マリウス』を観ました。約1ヶ月の上演期間でやっと!やっと見に行けました!今井さんにとってターニングポイントになるであろう今作を見れて良かったです。

 

 舞台はフランスなのに話が昔の(今もあるけど)日本人的で、しっくりと胸にきやすいと思います。恋人がメインの話かと思いきや、私には親子関係がメインにきている話に感じました。恋人というよりもファニーがお姉さんすぎて。精神的に。マリウスは「責任」よりも「夢」重視で、そのときによって意見が変わるので見ていてイライラするかもしれません。1幕は共感するところもあったけど、2幕はうーん。弱さや子供じみた部分がファニーと対比になっていてわかりやすかったです。

 

 

フラメンコを踊る場面が予想していたよりも多くて、今井さんの見せ場がびっしり!って感じでした。GOEMONのときに比べて細い体は線がきれいに見えました。色んな感情がフラメンコから伝わってきました。

 

七五三掛くんは声がきれいでしたー!透き通る!若い!って感じ。

 

瀧本さんは名前しか存じ上げなかったですが、今回演技を見て、歌を聞いて、こんなに古風な演技をされるんだなと驚きました。演出かもしれませんが。そして声が通る!いい声!あとダンスが可愛くて!ファニーなときの笑顔も可愛いけど、カーテンコールのときの素の笑顔も素敵でした。

 

セットと衣装も可愛くて素敵で、あの風景を切り取って部屋に飾りたくなりました。

 

千秋楽を明日に迎えましたが、無事に終えられるよう祈っております。

とても楽しかった!