どうどうめぐり

語彙力はありませんが、言いたいことだけは無駄にあります。

The ONESの破壊力

前回今井さんのマリウス感想をあげてから随分経ちました。ブログやってない間オタクしてなかった訳じゃないんですが、それまでのようにずっぽりすっかりハマる時間と余裕がなくて「あーこんな感じでしばらく人生進んじゃうのか」って社会人になったことを嘆いてたんですが。が。

 

おいおいみんなV6の新アルバム「The ONES」聞いたかよ見たかよどうだよ!!!!!すげーもの出てきちゃったよおい!かの名作OMGから4年、アニバーサリーを経てV6がどう変わるのか、王道アイドルなのか職人を目指すのか…って(勝手に)考えてたらこのアルバムだよ。もう一言でいっちゃうと「無茶したな、V6」。王道アイドルでもあれば職人でもあり、アイドルらしからぬな楽曲もあってこりゃ最高だぜ!って話です。まだ通常盤は手に入れてないのでトニカミ楽曲についてはなんとも言えんですが初回はAもBもエンターテイメントが溢れてる。楽曲についていちいち褒め称えたいところなんですが、文字に興す時間があるなら今回のアルバムの音と映像を吸収していたい(?)。

 

とかいいつつ折角ブログやったるでー!って気持ちになったので個人的ツボ4曲のお話しします。

 

 

まず『刹那的 Night』。この曲は始めに音に殺される*1。次に衣装に殺させる。かと思ったらダンス、映像に殺させる。歌詞の言葉遊びが耳に心地よくてついつい口ずさみたくなります。あとはインパクト強すぎて「タンバリン打ち鳴らす曲」っていう認識になりつつある。衣装はなんか強いんですよね…明らかに戦いづらいだろ!って感じなのに相手にダメージめちゃくちゃ与えられるゲームのキャラクターみたい。あれで攻撃されたら即効ノックアウトですよ。MVの振りもなんか魔術発動しそう。

 

2曲目は『SOUZO』。コンセプトとしてはセクバニっぽい?かもしれないです。MVのスタンドマイク芸がもろにどツボで早くコンサートで見させてくれ~~~!!!って感じです。しかしああいうミラーボールにスーツにスタンドマイクっていう表現ってよく見るのになんでこんなにかっこいいんだろうね…カミセンがソファーに座ってるときの剛くんがめちゃんこ可愛いので是非見てみてください。

 

3曲目は『DOMINO』。曲としては短くて「えっっここで終わるの???」って思っちゃうんですけど、短いにも関わらず中毒性が半端じゃなくて。しかも日本語で歌ってるのにたまに英語に聞こえてくる謎。

 

4曲目はなんといっても『レッツゴー6匹』。CDをだだ流しのときは全然気がつかなかったんですが、MV見たときにすべて合点がいったというか、本当にレキシがつまってる 。V6への愛を感じる楽曲。

 

 

アルバム発売してから間髪入れずにツアーが始まるわけですが、グッズがもー!!!可愛いな!!!好きだよ!!って感じなのでお財布の紐がゆるゆるです。お友達の名義と合わせて仙台両日参加なので今から楽しみでしかたありません。

まずは今日のツアー初日が無事終わりますように!

*1:この場合の殺されるは「素敵すぎて頭がなにも考えられなくなる