どうどうめぐり

語彙力はありませんが、言いたいことだけは無駄にあります。

アイドルと結婚。

私は職場でV6が好きなことがばれている。V6だけ。

そして岡田准一さんが結婚を発表する前にフライングしてしまった日、私は職場で「○○さんはさ、こういうのショックなの?」と聞かれた。

公式に発表された日、別の同僚から「○○さんはアイドルと結婚できると思ってる方?」と聞かれた。

 

前者はイエスだし、後者はノーだ。

 

でも私は、ショックであると言えば痛いオタクだと思われるのが目に見えていたため、どちらもノーと答えた。

世間はオタクに優しくない。今までは好きなことを好きなだけやる人たちが自然に周りに集まり、SNSでは同じような人と繋がれたので知らなかった。でも、世間は、普通の人はオタクに理解がない。取り繕うことが最善の策だと思ってしまっているので、正直に答えられなかった。

 

話は変わるが、

長野くんが11月29日に結婚を発表をした日、私はショックではなかった。

嬉しかった。おめでとうと、つっかえることなく言えた。

イイニクの日なんて、グルメな長野くんらしいと思った。

でも、晴れときどきファームはあれ以来見る機会がなくなった。

 

岡田くんが結婚を発表した日、よりも前に知ってしまったことはやっぱり受け入れられない。

結婚したこと自体は何ら問題ない。きっと色々なことが重ならなければおめでとうと言えたと思う。

じゃあ、何がいけなかったのか?

 

ジャニーズは、または人気がものをいう芸能人は恋愛も結婚も禁止されていないとはいえ自由ではないと思う。

「アイドルである前にひとりの人間だ」という主張は分かる。私もそう思っている。はずだった。でも感情は別問題だ。

アイドルに本気で恋をする人、感情は抜きにパフォーマンスにお金を払っている人、ファンなんて様々だ。でもそんな様々なファンに対してアイドルはひとりだ。

 全てのファンの気持ちを、ひとりのアイドルに背負ってほしくないし、そんな必要は全くない。

でも、でも少しは、考えてほしかったのだ。

あなたが結婚することでショックを受ける人間がいることを。

おめでたいはずの報告に、怒りを覚えてしまう人間がいることを。

どういう気持ちで、年末の忙しく街中がせわしない時に、クリスマスイブに発表しようと考えたのだろう。

私が疑問で、つっかえてしまうのはここだ。

ここが解ければ、あるいはここがなければきっと、こんな気持ちにはならなかった。

 

 

アイドルが結婚すること、私は祝福をするものだと思っていた。前例でも祝えた。ちゃんと、祝えた。

でもよくよく考えれば、祝えてもわだかまりはあった。

出会ったとされる番組から距離を置くようになったこと。

相手の方が出ている番組が見られなくなったこと。(これは噂されていたときからあったけど。)

きっと気持ちはいつまでも追いつかないし、追いついてほしいとは思えない。

たったひとりのファンの気持ちが追いつかなくても、アイドルは輝いている。きっとこれからもたくさんの作品を生み出し、たくさんの人を喜ばせる。

このことで離れていくファンもいるだろうけど、今後また新しいファンが生まれるだろう。

ファンは、私は、アイドルにとって大勢の一部だ。

でも、私にとってはアイドルはひとりだ。

 

「アイドルとはいえ適齢期の男なんだから早く結婚したらいいのに」そんな会話は、よく聞く。でもそんな会話を繰り広げられると、困る。

適齢期になれば結婚をするのが当たり前という考えが未だにあること、それに悪気は全くないこと。結婚したくてもしづらい仕事をしていること、そのしづらさを生み出すひとりに自分がなっていること。

 

ひとりの人間が幸せになることを、素直に喜べない自分がいることが今、きっと一番しんどい。

「祝えなきゃファンを辞めろ」と言われていることが。

分かってる。分かってるんだよ、頭では。

祝いたいしアイドルのことはやっぱり好きだし、沢山の幸せをくれた人の幸せが嬉しい気持ちもあるし。

お祝いができている人もいるし、受け入れられずにいる人もいる。

それと同じように祝いたくても祝えない人もきっといる。

ファンを辞めろと言われても、辞めれないからこうやって気持ちを吐き出している。

というか辞めるか辞めないかは個人の自由だろうが何を喋っとんじゃボケ!って心の中のヤンキーがいきってる。

 

最初の話に戻る。

「(アイドルファンは)アイドルの結婚はショックなのか」「(アイドルファンは)アイドルと結婚できると思っているのか」こういった質問は、これからもきっとさんざん言われる。アイドルが好きだと誰かに知られている以上。どの人にだって聞かれる可能性のほうが高い。

この質問に対する答えはきっと沢山ある。

ファンの数だけ、解釈も違う。

だけどアイドルはあなたひとりだけ。

 

 

あくまで、私は。

まだ手放しでおめでとうは言えないです。

これから先、言えるようになるかどうかは分からないです。

また、私が『自担』といって応援しているアイドルが結婚したとき、祝えるかはわかりません。

きっと誰も悪くない。誰も責められる対象じゃない。

お祝いだってしたい。おめでとうって言いたい。だけど出来ない理由がどこかにある。

ただ単に、そんな人間がいるっていう話です。