どうどうめぐり

語彙力はありませんが、言いたいことだけは無駄にあります。

弱小オタクの2019年

あけましておめでとうございます〜〜〜〜!!!

THE いまさら。

 

去年は全くもってブログを更新していなかったのですが、細々と現場には行っておりました。

現場供養の為にも振り返っていこうと思います〜〜〜!!

 

1月

ジャニーズカウントダウン2018-2019

 実は行っておりました。

タッキー&翼という、大好きなグループの最後の瞬間に立ち会えたことが、今となってはとてもいい思い出です。その時はまだ心の整理がついておらず、「なんで、どうして」が頭の中をずっとぐるぐるしておりましたが、ジャニーズアイドルでいる自担の最後のときにその場に居れたのって、オタク冥利に尽きるなと思うようになりました。わたしの居たブロックはほとんどタキツバファンの方ばかりでそれもなんだか嬉しくて。知り合いがいる〜!というわけでは決してないのに仲間が近くにいる、こんなにいるんだ、そんな中でふたりを見届けられるんだということがとても嬉しかったです。

あとV6はめちゃんこお手振りくれた。大きいトロッコの上からだったから私に向けたファンサじゃないのは分かってるけどV6ちょ〜〜〜優しいじゃ〜〜〜ん!!!と湧いた思い出。

放送始まる前の若手グループのパフォーマンスのとき岸くんが目の前に来てくれてまじで圧倒的名義感謝。くぅ〜〜これがKPコンだったら思い切り湧くのに今はふたり組のオタクなんや………!!!となんとか自我を保ちました。

 

5月

坂本昌行 One Man Standing-The Greatest Symphony-

待っていたぜOMS〜〜!!

あの会場にいる全ての人がこの人を求めているのだ、という空気を強く感じて圧倒された現場でした。全ての人の視線や思いを受け止めてなお輝く坂本昌行という表現者の力は計り知れないものでした。

曲はあまりわかんないな〜と事前に見たセトリでは思ってましたが、坂本さんの声にのるとあんなにも心に直接くるものがあるのかと驚いた。ただ歌を聞くだけで泣くことって本当にあるんだな〜〜なかなか出来ない体験でした。

 

8月

●Twentieth Triangle Tour カノトイハナサガモノラ

最&高の舞台でした。

TWENTIETH TRIANGLE TOUR VOL.2 カノトイハナサガモノラ 感想・考察 - どうどうめぐり

いろんなものが随所に散りばめられていて一回だけじゃ回収しきれなくて何度も何度も足を運びたくなる作品。何回か見に行って脳内上演も何回もしてるんですけど未だに何が正解で解答で問なのか分からない。

パペットのよっちゃんがまじのまじで好きです。

 

9月

●DREAM BOYS

Wゆうたの現場〜〜〜〜〜〜〜!!!

人生でドリボを見に行く機会はおそらくないだろうと思ってたのに…岸くん…君が来たか…!!

ジャニーズ舞台は難解だという噂をよく耳にしていたし自分の見た数少ない舞台も正直頭に????が出ることが多々あったのでそういうつもりで見に行ったのですが全然そんなことなかった。これがジャニーズエンターテイメント〜〜〜〜〜!!!!と見せつけられるのを覚悟してたんですけど、しっかりと話に沿っていて分かりやすくて。これなら何回も見に行きたくなっちゃうなと。

あと岸くんは本当にかっこいいなと。舞台に立つ彼をもっと見たいなと。

次はいつあるんやろか…行きたい〜〜〜

 

●King & Prince ツアー

キンプリちゃんキラッキラしててほんと目が焼かれる。神席を引きあてた自名義に大感謝。神ファンサをもらっていた隣の人にも大感謝。おかげで岸くんを間近で見ることができましたありがとうございました。

後半の夜〜〜!みたいな、ダンス〜〜〜!みたいな、キラッキラアイドルだけじゃないぞと見せつけてくるセトリと演出が本当に好みすぎていつまで経ってもその空間から抜け出せない。いやほんまたまらんで君たち………スキ………

 

 

 

以上が2019年のジャニーズ現場でした。

少ない!と思ったけど2018年は3現場だったので増えてたよヤッタネ!

割とオタクしていたかな…?という一年でした。

好きなアイドルがいつまでアイドルで居てくれるかわからない、いつまで表舞台に立つのかわからない、というのを思い知りあまり考えずにチケット申込みをしたように思います。

この年から現場でかかったお金を全部計算するようになったのですがやっぱり削れるところは削っていかんとね…新幹線って調子乗って取るとめちゃくちゃ高いやん…その分グッズ買えるやん回数いけるやん…と思った。

 

 

2020年はジャニーズではもうありませんが今井翼さんの歌舞伎の予定があるし、長野くんのフォエプラも確保済みなのでたのしみ。

オタクを卒業する日は果たしてやってくるのか。

まだまだ先な気がしています。